寝ている間に終わるので安心。痛みや苦痛の少ない、内視鏡検査を行っています。 寝ている間に終わるので安心。痛みや苦痛の少ない、内視鏡検査を行っています。

大腸カメラ・大腸内視鏡検査について

辛いのではという不安を取り除く、痛みの少ない検査です。

大腸の検査が必要な理由

胃がんに劣らず、大腸がんも日本では非常に発症の多い病気です。自覚症状がでたときにはかなり進行していることが多いため、定期的に検査をしておくことが大切です。

また大腸がんの多くは、ポリープが進行し悪性化やがん化したものです。がんになる前にポリープを切除することが、大腸がんの防止につながるのです。確実な早期発見や切除のためには、内視鏡検査が確実と言えるでしょう。

検査をおすすめしたい方

便潜血反応が陽性だった、お腹が張って辛い、便秘と下痢を繰り返す、便が細い、血便などの症状がある方には、検査をおすすめしたいです。

主な病気

上記の症状で疑われるのは、大腸がん、虚血性大腸炎、潰瘍性大腸炎、クローン病、大腸ポリープ、大腸憩室症などです。

検査の流れ

<前々日から当日朝までの注意>

ラーメン たこ 板こんにゃく 赤飯 ねぎ
生パイン にぎり寿司 にら 日本なし チャーハン
にんにく 甘柿 魚と野菜の天ぷら ごぼう ショートケーキ
鶏のから揚げ たけのこ ポテトチップス 牛ばら脂身つき れんこん
こしょう あさり しいたけ 練からし 車えび
えのきたけ とうがらし ずわいがに 生わかめ ウイスキー
するめいか 昆布・煮干し 焼酎・乙類    

※好ましい食べ物

ご飯 卵料理 具なしの吸いもの
煮魚 鶏のささみ(皮なし) ヨーグルト

<大腸内視鏡>
下剤を飲み、大腸内がきれいになった状態で検査をはじめます。眠った状態での検査を希望される方には、鎮静薬の静脈注射を行います。また腸の動きをとめる薬も投与します。

内視鏡は肛門から挿入し、大腸のはじまりである盲腸まですすめ、大腸内部の観察を行います。大腸の場合、ポリープがあればその場で除去することもあります。

検査の後、静脈注射をした患者さまには目の覚める薬を投与します。20~30分で意識がはっきりするため、休んだ後に検査結果を聞き、お帰りいただけます。

大腸内視鏡検査を受ける方へのメッセージ

大腸内視鏡検査を受ける患者さまの大半は、痛いのではないか…という不安を抱いています。当院では鎮痛剤はもちろん、静脈から麻酔を投与するため、眠っている間に検査が終わります。

分院には控室もありますので、検査後も意識がはっきりするまで、ゆっくりとお休みになれます。

また内視鏡担当の医師は男性、女性ともに勤務しております。異性にお尻を見られるのが恥ずかしい…という患者さまもご安心ください。

医療法人社団秀佳会 本院 0422-435-823
胃カメラのご案内 大腸カメラのご案内
院長紹介
クリニックブログ 牟礼の里駅前クリニックオフィシャルサイト